2014/02/13

簡易スタンドをつくろう!

自作ネタその2になります。今回は着脱式の簡易的なスタンドを作ってみようと思います。

用意したもの
・一般車用チェーン引き(ボルト径6mm)
・ステンパイプ(外径9.5mm、内径8mm 長さ300mm)
・ゴム足
・ビニテ

まず、チェーン引きのハブ用穴とボルトの間に角度をつけるため、クランプに挟み曲げていきます。
曲げる量は自転車のバランスに合わせて調整します。

角度をつけたチェーン引きをクイックレバーと一緒に締め込みます。












角度を決めたら、ステンパイプの内径に合うようにビニテを巻きます。

次に、ステンパイプを丁度良い長さにカットします。
今回は265mmにカットしました。

カットしたパイプにゴム足を付ければ簡易スタンドの完成です。












まだ試作段階なので強度等に不安は残りますが、とりあえず現段階では自立しています。
強度的に心配なのがチェーン引きなのですが、何か代替になるものはないものでしょうかね…。

ちなみに走りだす時にはパイプを外さなければならないため、このような形で持ち運びます。












ドッペルギャンガーのチェーンステーバンドに挟んでみました。


さて、ここまででお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、今回参考にしたのはコチラのupstandになります。


今回作ったものはあくまで簡易的なものなので街乗りで常用などはできないかと思いますが、ポタリング途中でのコンビニや写真撮影くらいであれば十分かなと思います。
また、重量もかなり軽く(20g程度)済むので軽量化もできちゃいます。お得。

今回はここまで。


<おまけ>
700c用も作ってみました。



















こちらはアルミパイプで330mmにカット。重量は10g程度。
ただ、どうやって持ち運ぶか悩み中…。

0 件のコメント:

コメントを投稿